2010年02月19日

山ガール2010 中山〜大峰山〜武田尾スタンドバイミー

本年2回目の登山行ってきました。

『関西日帰り山歩きベスト100(多過ぎ)』を参考に。



うちが小学〜中学時代に友達と電車に乗ってよくハイキングに行ってた生瀬の廃線コースに合流するらしい、中山〜大峰山〜武田尾に抜けるルートに決定。


阿倍野に朝8時集合。
梅田から阪急宝塚線で中山駅まで。

午前9時10分中山駅から、中山寺境内を抜け、信徒会館前を過ぎ、梅林を抜け(ソッコー迷ったけど)、どうにかこうにかルート通りに進み出す。
山の手の住宅街を横に、いきなりの急坂登りにゼェゼェ。

無造作石段がムダに体力を奪う・・・
今日も始まったばかり!!!登るぜ山っっっっ!まずは目指す中山山頂。
IMG_3252.JPG


南国にも似た山道を進む。
画像 001.jpg



わりとシニアハイカーと出会う。
奥の院に抜けるルートとか、中山寺とかがメジャーなせいか、ハイキング客も多し。
途中、ちっちゃいリュックを背負ったでっかいシェパードとも出会う。(もちろん飼い主有り)
画像 002.jpg


午前11時中山山頂到着。
山頂のちっさすぎる目印。(オッサンが腰かけてたけど退いてくれた)
IMG_3254.JPG


天気がいいので気持ち良い。見晴らし自体は特に感動なし(笑)
IMG_3255.JPG


シニアハイカーを横目に、酢昆布をしがむ。
『うちらド平日に何やってんねやろ』
IMG_3253.JPG


『武田尾まで抜けるんですか?』とシニアハイカーに声をかけられる。
若い人はがんばるわね〜的な反応である。
うちらが六甲から有馬へ抜けた時も、同じように言われた。

『行ってきま〜す』『がんばって〜』と会話。山頂を後にし下りコースへ。
滑落注意!!こわ〜〜〜い!
IMG_3256.JPG


木立の中を進み
画像 004.jpg


急坂をずるずると滑りながら下ること50分。
背後には登って下った中山が見える。
IMG_3258.JPG


一旦国道へ出て、大峰山登山口。
本には、”手作りの道標があるもののわかりにくいので注意”と書いてある。

実際、ここから登るんか?みたいなとこにありました。道標。
IMG_3259.JPG


目印がなかったら、ゼッタイにこっから登ろうとは思わない感じ。
画像 006.jpg


そして、しばらく岩山を這うように急坂登り。
しんどすぎてすぐに休憩し、また登り出して10秒くらいで『あかん、もうしんどい』って座るのをくり返した。

無の境地。
IMG_3262.JPG


足が進まない。(目が死んでます)
画像 007.jpg


お腹が空いて動けない。
IMG_3263.JPG


テキトーな道標を頼りに進む。
IMG_3264.JPG



ほんまに信用してええんやろな?!
IMG_3267.JPG



急坂登り続けること45分。昼食ポイントにしようとしてた鉄塔へ到着!!!
きゃほ〜〜。
IMG_3268.JPG


空が青い!!!!!
IMG_3269.JPG


お待ちかねの昼食。
毎度のカップヌードルも絶品!!!
画像 009.jpg




あつあつのほうじ茶で一息入れつつ、『なんでうちらはオシャレな山女子写真が撮れないのか』談義をする。
今人気のアウトドアおしゃれ解釈女子雑誌風にどうしたら撮れるか。(ランドネ系)



やっぱ自然な感じを押さないとあかんのちゃうか。




と、撮った一枚がこちら。
画像 010.jpg


読んでる本がダサイ。
背景に色がない。(枯れ草)
地べた。(ジャンパーを敷いてる)
くつろぎ方がリビング。

これ以降も、二人でああだこうだとカメラを向けあったが、どれもこれもただの面白写真でしかなく、ランドネることはあきらめた。
最終的に出た答えは、被写体が良くない(根本!!)
やっぱ、モデルが伽奈みたいなんでないとアカンわけか。


モデル田中32才。
靴=モンベル
ズボン=モンベル
首=手ぬぐい
Tシャツ=アンコールワット
画像 011.jpg



昼食後、鉄塔から大峰山山頂を目指す。
13時40分、大峰山山頂到着。
IMG_3271.JPG


これまたパっとしない山頂。視界ゼロ。
IMG_3270.JPG


そこからは、本によると『道標もほとんどなく踏み跡だけが頼り』とのこと。
しかも、その踏み跡すら不鮮明らしい。


踏み跡だけを頼りに下山開始。
どっちだどっちだ。
IMG_3275.JPG

なんとなく、わかる踏み跡。
IMG_3277.JPG


1時間半下り続けると、眼下に武庫川渓谷が見える。


そこで、生瀬から武田尾に抜ける廃線ハイキングコースと出合う。



トンネルがお出迎え!
画像 014.jpg


田中!松木の!スタンド!バイ!ミーーーーーーーーーーーーっっ!
IMG_3284.JPG


♪ンノナイッ〜(スタンドバイミーの唄い出し)←この部分以降はハミングで

ソ、ダーリンダーリン、ステーーーーーンバイッミーーーーオオオオウオウステーーーンバイッミーーーー♪

わかる部分の歌詞とハミングでご機嫌に歩き出す。
IMG_3287.JPG


ステンバイミ
ステンバイミ
ステンバイミーーーー
IMG_3290.JPG


ソ、ダーリンダーリン←しつこい
IMG_3288.JPG


ステーーーーンバイッミーーーーーーーオオウオウオウオオウステーーーーーン
バイミーーーーーー
画像 018.jpg


武庫川沿いの廃線を、武田尾に向かって歩く。
20年ぶり。懐かしかった。
昔歩いた時は、まさか自分が32才になって、またこの廃線を二つの山を越えてまで歩くと思ってなかったなぁ。



武田尾到着15時。

武田尾温泉に向かう途中、『生ビール』の看板に誘惑され、思わず入店。
川沿いのテラスで生ビール!!!!!
し!ふ!く!!!
画像 019.jpg


ぼたん肉の串カツ!ンマっ。
画像 020.jpg



そして、武田尾温泉へと歩く。
IMG_3293.JPG


温泉!ビール!温泉!ビール!!と言いながら歩く。


一件目に行ってみた旅館の入り口。
IMG_3297.JPG



なぬううううう???!!!



武田尾温泉には4軒の旅館があり、1000円で日帰り入浴が出来ると調べてた。
一件目で、まさかの入浴拒否看板!!!

まだ、あと3軒あるしな・・・・と看板の方へ歩く・・・

が・・・・



・・・・・・・・・・・

画像 021.jpg
おばけ屋敷か!!
まさかの廃業!!!元湯旅館。



ここもか!!!河鹿荘・・・・暗っっっ!!!
IMG_3295.JPG


川向こうにある一番新しい旅館まで足を運ぶ気力がなくなったので、電話で確認してみると、『日帰り入浴は11時から14時までです。』
がーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっっん。



すごすごと武田尾駅へ向かい、JRでびゅーんと大阪まで戻りました。
そして、東通りの王将でカンパイ。
IMG_3302.JPG



鄙びた温泉地へ向かう際は、廃業してないかを確認するということをひとつ学んだ今回の登山でした。



14時までに到着するには、中山駅を7時半スタートにしといたら余裕です。
なかなか面白コースなので、ぜひぜひ。
武田尾は桜のシーズンが良いそうですぞ。




*****後日調べたら、元湯も河鹿もどうやら営業してるっぽい。
HPあったが、機能してるかは微妙・・・無休って書いてたけど。
うちらが見た外観は100%廃業してるようにしか見えなかった。
どっからどうみてもお化け屋敷風旅館。リベンジしたいね。

posted by たなちへ at 23:34| 大阪 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いい天気でよかったなぁ〜♪ 超楽しそうじゃ〜〜
そしてワタイもついに明日!
膝完治(したんかな?)記念に、
湖南アルプスへ参ります!!やっほーーー
Posted by ミナオン at 2010年02月20日 15:04
>みなふぉん
祝!膝完治!いいなぁ〜明日〜!
うちらも早くミナフォンと行きたいなぁって言いながら歩いてたんよ。
今度は一緒に登ろうぜ〜。
Posted by たなちえ at 2010年02月20日 15:14
おう!! うれしいよ〜
あったかなった頃また一緒に登ろうな〜〜!
Posted by at 2010年02月20日 18:00
インドネシア、ギリ・メノ島の日記を拝見して以来、虜になりました。        
きっかけは多分mixiのバリ島関連のコミュだと思います。
しっかり『鈴木さん』のコミュにも入ってましたね(*´ω`)ノ

私も大阪市南部で徘徊しておりますので、機会があれば一緒に飲みましょう〜〜〜!!

Posted by AKKO at 2010年03月04日 14:33
>AKKOさん
ありがとうございます〜!!
ギリメノ日記から読んでいただいてるとはどうもです!
大阪ミナミ界隈ですか!
ぜひぜひ、機会があれば〜〜〜〜〜
鈴木世界一周コミュに入ってる人、多いですよねえ〜
Posted by たなちえ at 2010年03月05日 13:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/141632602

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。